わきがの私の娘もやっぱりわきがでした

世の中に、わきがで悩む人は多い。しかも、わきがは遺伝する可能性が高い。中には結婚を考える時に、

『自分だけならともかく、生まれる子供がわきがだったらかわいそう』

と悩む女性・男性もいるかもしれない。

大阪 わきが治療

わきがは優性遺伝する体質だ。一方の親がわきがだと子供の50%が、両親ともわきがだと80%が遺伝する。家族も親族もわきが体質で、自分もそれで悩んでいる、ということも多いだろう。

逆に家族全員がわきがだとその事実に気が付かず、社会に出たり、恋人ができたりして初めてわきがだと知ってショックを受けることもあるだろう。

パラクレゾール | ヤクルト中央研究所

わきがの発生率は、人種によっても違うらしい。一説によれば、黒人100%、欧米人70~90%、日本人10~15%、中国人3~5%と言われている。

これは肌の色や文化的な側面もあるが、食生活によるところが大きい。欧米人の食事は肉や脂肪分が多く、カロリーが高い。こういった高カロリー・高脂肪の食事はわきがの原因となる皮脂腺やアポクリン線を刺激して、その活動を活発にすると言われている。

クレゾール

一方日本や中国など、アジア圏の食事は魚や野菜、穀物が中心で淡泊だ。こういった食文化の違いが、民族の体質に影響しているのだ。

日本人のわきがの割合は、10人に一人と言われる。もし10人中9人がわきがなのが当たり前の環境にいたら、わきがで悩む人は今よりもずっと少ないのではないのだろうか。深刻なわきがの悩みを抱えている人は、欧米諸国などに移住してみるのも、ひとつの解決策かもしれない。