入試解禁日とは

将来のために子供を少しでも有名な学校に入れたり、お金をかけてでも名門私立に入れておきたいと考える方もたくさんいらっしゃると思います。親であれば子供が将来少しでも自分の希望にかなった進路を選べるように願うのは当然かと思います。

CBT全国随時型試験 受験会場一覧 | CBTS

そういったことを考えての早め早めの動きがどんどん若年齢かしてきているのか、最近では中学受験あたりにその傾向が強く出てきているように感じられます。小学校から中学校へあがる際に受験をして、少しでも良い中学校へ入り、またその先の高校も一貫して進学できるというところを選び、より良い大学、より良い就職へと繋がる道を想像するのだと思います。

一般社団法人日本ボイラ協会 | 受験準備講習

もちろん子供にとっても何かの目標に向かって頑張る事は良い事だと思いますが、単純に子供の努力だけであれば微笑ましい部分もありますが、ここに親の気持ちが加わってくると幾分形相が変わってきます。受験となるとある種周りを押しのけてという部分も出てきますし、変な見栄を張っている場合ではなくなりますから、複数受験できるのであれば、少しでも多く受けてどこか一つでも合格できる確立を上げたいと願うのは当然の親御頃かもしれません。そうなると入試を行う学校側も少しでも早く良い学生を確保したいと考えますから、放っておくと入試日はどんどんと前倒しされてきかねません。



では、それを防ぐにはどうすればよいかと言うので出てきたのが、入試解禁日の設定です。要はどんどん早期化する試験日をどこの学校も平等になるように、この日からしか試験を行えないと決めた日程になります。実際解禁日が設定された事で、ほとんどの学校が解禁日当日に試験を行うようになりました。これにより複数受験と言うのは難しくなりましたが、受験させる親の心境でしょうか。お金は捨て金になっても出願自体は複数行い、当日の子供の体調などや直前の成績をみて、当日の受験校を決めると言う安全対策をとる人も増えているようです。