買取側から見た中古車と廃車それぞれの魅力

廃車って、実は資源の塊だったんですね…。日本で育った私は、道で走ってる車を見るとついつい「キレイの車だな」とか「ボロボロの車だな」「すっごい古い型式」とかいろいろな評価を下してしまいます。でもその評価の基準自体が、世界に比べればすごく厳しいんですよね。日本では新車に乗り換えるサイクルもとても早いし、その分中古車や廃車になる確率も高い。

廃車

所有者としてはもう価値もつかないかもしれないと思うような水没車や事故車でさえ、部品や鉄資源としてのリサイクル方法がすでに確立されているわけです。中古車であればそのまま国内で流通ルートに乗せられるし、廃車であっても海外で中古車として、さらには国内外で資源として再利用されます。

産業廃棄物の処理

だから買い取り業者から見れば中古車、廃車それぞれに引き取るメリットがあるわけです。最近の流れとして中古車、廃車ともに買取業者の利益の割合で増加してきているのがネットオークションの存在。元々自動車業界では自動車本体や部品のオークションは当たり前のように行われてきましたが、インターネットの普及とともにネットオークションが広まっていったのです。

横浜市 資源循環局 産業廃棄物対策課

これによって、お客が求める中古車や廃車の中の部品を全国から探すことが可能になりました。売る側としては一文の価値もないような車でも、その価値を知っている人ならばオークションで高値をつけることもしばしばなのです。買取業者はそんな魅力を十分に把握し、商品価値のある車であればそれなりの価格で引き取ってくれます。ですから、どんな自動車でも一度はいくつかの業者に見積もってもらうべきだと思いますよ。